ふぁるえる

ふぁるえる

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

ふぁるえる

ふぁるえる

俺こと来摩久司(くるまひさし)は家も特に裕福ではないし、スポーツ万能で国体にとかそんな特技もない、ただの貧乳大好きな平凡な高校生。しかし、他人には言えない秘密を押し入れの中に抱えていた。

そんなある日、清楚で可憐、誰もが憧れる同級生の鏡原奈結と二人で、友人が所属するラクロス部の試合を観戦することになった帰り道、不気味な鼻歌とともに視界が暗転。
気がついた時には、俺と鏡原さん、ちょぅど近くにいた転校生の津吹あいらの三人の意識が入れ替わり、俺は鏡原さんの身体に、鏡原さんは津吹さんの身体に、津吹さんは俺の身体になっていた。

なんでも300年の歴史ある名家の鏡原家には、ある条件を満たすと長女の身にだけ起きる「八津当輪の呪い」というものが伝わり、これはその影響だという。
呪いを解くには「人魂鳴動の蝕」のときに、心と身体が入れ替わった三人のうち二人がキスをすればいいらしいのだが、そもそも「人魂鳴動の蝕」って何だ?
鏡原家に伝わるヘンテコな呪いを解くための悪戦苦闘がここに始まる。

鏡原れぼりゅーしょん (一迅社文庫 は 3-1)鏡原れぼりゅーしょん (一迅社文庫 は 3-1)
(2008/10)
林 直孝

商品詳細を見る

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。