ふぁるえる

ふぁるえる

今日から夏休み。それは幼なじみの安城良あきらが遠慮なく暴走できる季節だ。ぼく―西島まことは15年間彼女に振り回され続けてきた。小学生のときは歩いて日本縦断しようとつきあわされ、餓死しかかったこともあった。でも今年の夏は極め付きだった。ある目的であきらが勝手に申し込んだコンピュータがぼくの家にやってきたのだ。どうしてコンピュータごときで驚くかって?それは、コンピュータが歩いてやってきたのだ。自力で。冗談をいいながら。この日から、かわいくて気になっていたクラスメイトの佐藤さん、謎の親友金本らを巻き込んで、ぼくの平和な夏休みは終わりを告げたのだ。

主人公の女装が可愛らしいです。

彼女はミサイル (MF文庫J)彼女はミサイル (MF文庫J)
(2005/06)
須堂 項

商品詳細を見る

彼女はミサイル〈2〉そらからきたアリス (MF文庫J)彼女はミサイル〈2〉そらからきたアリス (MF文庫J)
(2005/09)
須堂 項

商品詳細を見る

彼女はミサイル (3) (MF文庫J)彼女はミサイル (3) (MF文庫J)
(2005/12/22)
須堂 項

商品詳細を見る

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply